現代に多い心理的あるいは社会的なストレス

現代人が感じやすいストレスには、心理的または社会的な要因が原因になっているものが多いです。仕事や学業が思い通りに進まなかった場合は、心が負担を負ってダメージを受けます。また、仕事の締め切りで時間に追われたり、誰かに命令されて行動が制限されたりした時にも、ストレスを感じやすいです。そのような、心のダメージや制限が原因となっているのが心理的ストレスです。 社会的なストレスは、人間関係を始めとする社会の様々なことが原因となり、心理的ストレスの一部も含まれます。悪い内容のニュースを見て心がダメージを受けたり、SNS上のトラブルによって不快な気持ちにさせられたりするなど、具体的な原因は幅広いです。原因が社会に関係するものであれば、ひと通り社会的ストレスに分類されます。

物理的または科学的なストレスを感じることもある

ストレスは、物理的な原因によって感じるものもあります。代表的なのは気温によるストレスで、夏の暑さや冬の寒さでイライラしてしまうのは、物理的なストレスが溜まっているからです。また、音が原因によるストレスも多く、身近な人の生活音や外で遊ぶ子どもの声など、ストレスの原因になる要素は非常に多いです。

そして、化学物質が原因で、身体がダメージを受けることによって発生するストレスもあります。たばこの煙や公害などが代表的で、身体と心の両方にダメージが蓄積されます。さらに、体質的に合わない食事を口に入れたり、アルコールを摂取したりした際にも、化学的なストレスが溜まることが多いです。また、生活している場所の空気が悪く、酸素を十分に取り込むことができないことが原因で、化学的ストレスが溜まるパターンもあります。